ブラームス:弦楽六重奏曲 第1番 変ロ長調 作品18 より 第2楽章 Andante ma moderato

演奏: アマデウス弦楽四重奏団 Amadeus String Quartet

 
弦楽六重奏曲第1番変ロ長調op.18は、ヨハネス・ブラームスが1860年に作曲した弦楽六重奏曲である。
ブラームスが27歳の年に作曲され、若々しく情熱的な曲風で室内楽の名曲として知られている
第2楽章 Andante ma moderato、変奏曲、ニ短調
第1ヴィオラから始まる力強くロマンティックな旋律は有名である。変奏曲ではロマンティックな音楽が堰を切ったように自在に展開される。同年にピアノ独奏用に編曲され、クララ・シューマンの誕生日にプレゼントされた(1927年出版)

Wikipedia

inserted by FC2 system