シューマン:歌曲集「リーダークライス」 Liederkreis 作品39 第1曲:異郷にて In der Fremde

バリトン:フィシャー・ディースカウ Fischer-Dieskau
ピアノ:ギュンター・ヴァイセンボルン Günther Weissenborn

第1曲 第2曲 第3曲 第4-5曲 第6-8曲 第9曲 第10曲 第11曲 第12曲

リーダークライス(Liederkreis)作品39は、ドイツの作曲家ロベルト・シューマンが1840年に作曲した歌曲集。ドイツ・ロマン派の詩人ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフの詩による全12曲からなる。

第1曲:異郷にて In der Fremde 嬰ヘ短調 4分の4拍子
ハープを模したようなアルペッジョがピアノ伴奏の全曲に貫かれ、その上に故郷を離れ、異郷をさすらう者の心情が歌われる。このリーダークライスの第1曲は当初別の曲が置かれていたが、シューマンがこれと置き換えた。

リーダークライス作品39 (シューマン)

inserted by FC2 system