ショパン:ノクターン(夜想曲) 第4番 ヘ長調 作品15-1

ピアノ: ヴァレンティーナ・リシッツァ Valentina Lisitsa

 

夜想曲第4番ヘ長調作品15-1は、フレデリック・ショパンが1832年に作曲した夜想曲集の第2作で、作品15の第1曲である。

前作の作品9-1,9-2,9-3以上に華々しい中間部を設けるなど、単なるサロン音楽の域を越えた野心作である。献呈はフェルディナント・ヒラーに対して行われた。

3/4拍子でヘ長調のAndante・cantabileの単純で伸びやかな旋律が、左手3連符のオクターブ・長三度に乗って現れる。左手和声は半音階的進行で単調さを避けている。
その後ヘ短調Con fuocoの急に荒々しい部分が始まる。右手は6度の主和音和声をトレモロで強調する。左手は低音域で音階進行。途中4分の3拍子から8分の6拍子に変えるなど、速度について作者の詳細な指示が残っている。やがて再び冒頭のヘ長調の部分が現れ、アルペッジョのコーダで曲を閉じる。

ショパン:夜想曲 第4番 作品15-1

inserted by FC2 system