J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 BWV 1004

ヴァイオリン: エマニュエル・コッペイ Emmanuel Coppey

無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004
257小節に及ぶ長大な「シャコンヌ」を終曲にもつこのパルティータ第2番はこの曲集の頂点の一つを形成するもので、最も著名な作品である。全5曲。
00:00 : Allemande
04:30 : Courante
07:10 : Sarabande
11:54 : Gigue
16:15 : Chaconne

シャコンヌの名称どおり変奏曲の形式を持つが、ニ長調の中間部を有する三部形式とも取れる。音楽的な構成としては、冒頭の8小節に現れる低音の下行テトラコードをシャコンヌ主題とし、種々の変形を受けながらこの主題が32回現われ、そのたびに上声を連続的に変奏する壮大な作品となっている。
当曲はヴァイオリン独奏以外の楽器のために編曲される事が多く、エディソン・デニソフは全曲に管弦楽伴奏を施し、ヴァイオリン協奏曲に編曲している。シャコンヌ単体ではヨハネス・ブラームスによる左手の練習のためのピアノ版、フェルッチョ・ブゾーニによる両手のためのピアノ版、レオポルド・ストコフスキーや斎藤秀雄による管弦楽版など様々に編曲されている。

inserted by FC2 system