J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 BWV 1068 第2曲 「G線上のアリア」 "Air On The G String"

ヴァイオリン: 髙木凜々子 Ririko TAKAGI
ピアノ:五十嵐 薫子 Kaoruko Igarashi
2023年8月12日(土)電気文化会館 ザ・コンサートホール(名古屋)

原曲(管弦楽組曲第3番ニ長調より第2曲「エール」
「G線上のアリア」(独: Air auf der G-Saite,英: Air on the G String)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが作曲した『管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068』の第2曲「アリア(エール)」を、ヴァイオリニストのアウグスト・ウィルヘルミがピアノ伴奏付きのヴァイオリン独奏のために編曲したものの通称。
この通称は、ニ長調からハ長調に移調されているため、ヴァイオリンの4本ある弦のうち最低音の弦、G線のみで演奏できることに由来する。

オリジナルの管弦楽組曲は、バッハにより彼のパトロンであるアンハルト=ケーテン侯レオポルトのために1717年から1723年の間に作曲されたと一般に信じられてきた。しかし、現存最古の楽譜は後年のバッハのライプツィヒ時代のものであり、現在は、ライプツィヒにおけるコレギウム・ムジクムの公演のために書かれたものであろうと考えられている。

曲名は、19世紀のヴァイオリニスト、アウグスト・ウィルヘルミによる編曲からきている。ウィルヘルミは編曲後の曲をG線のみで演奏することができた。  後年、この曲はG線のみで演奏することを目的につくられたという誤った説が広まった。

Wikipedia

inserted by FC2 system