J.S.バッハ :マニフィカート Magnificat ニ長調 BWV 243

指揮: ニコラウス・アーノンクール Nikolaus Harnoncourt
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス Concentus Musicus wien
アルノルト・シェーンベルク合唱団 Arnold Schoenberg Choir
ソプラノ Ⅰ: クリスティーネ・シェーファー Christine Schafer | ソプラノ Ⅱ: アンナ・コロンディ Anna Korondi
アルト:ベルナルダ・フィンク Bernada Fink | テノール:イアン・ボストリッジ Ian Bostridge
Christopher Maltman, baritone
Live from the Kloster Melk, Benedictine Monastery in Austria, 2000

プロテスタントルター派の信者であったバッハが、カトリックで用いられるラテン語のテクストに作曲したのは、一見イレギュラーに映るが、当時はルター派に於いてもラテン語の典礼文や、晩課、あるいはミサ曲全体から「キリエ」と「グローリア」のみを用いた「小ミサ」などが用いられていたのであり、現在のルター派の礼拝でもこの形が残っている。
バッハの《マニフィカト》は、1723年に変ホ長調で作曲され(BWV.243a)、これには通常のラテン語のクリスマス用の「マニフィカト」のテクストの間に4曲の挿入曲があった。
1728~31年にかけてバッハはこの作品をに改定し、挿入曲を除き、調性をニ長調にして現在の形に書きなおした。通常の演奏にはこれが使用される。 華やかにトランペットやティンパニが活躍する作品である。

inserted by FC2 system