J.S.バッハ:カンタータ BWV 147 より 第3曲 Schäme dich, o Seele, nicht

メゾ-ソプラノ:Karen Knudsen
Marian Buswell, Oboe

『心と口と行いと生活で』(Herz und Mund und Tat und Leben)BWV147は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが1723年に主の母マリア訪問の祝日のために作曲したと推測される教会カンタータ。全10曲からなり、『主よ、人の望みの喜びよ』の名で広く親しまれているコラールが第6曲と第10曲に登場するため人気がある。

第3曲 アリア "Schame dich, O Seele, nicht"「おお魂よ、恥ずることなかれ」イ短調,4分の3拍子
イエス・キリストを地上で告白することを恥じる者は、イエス・キリストが栄光のうちに、
御使いを従えて来られる時、イエス・キリストによって退けられる。

バッハ:カンタータ 147番

inserted by FC2 system