ソプラノ歌手: エディタ・グルベローヴァ Aida Garifullina

エディタ・グルベローヴァ(Edita Gruberova, 1946年12月23日 - 2021年10月18日)は、ソプラノ歌手。
チェコスロバキア(現在はスロバキア)のブラチスラヴァに生まれる。父親はドイツ系で母親はハンガリー系である。


人物

同地の音楽院で学んだ後、プラハ、ウィーンで声楽を学ぶ。 1968年、わずか22歳でブラチスラヴァの歌劇場でデビュー、1970年にはウィーン国立歌劇場と契約、1973年にはザルツブルク音楽祭に出演する。

圧倒的な美声と驚異的な技巧を兼備したコロラトゥーラ・ソプラノ。 同郷からオーストリアに移った先輩であるルチア・ポップ(彼女は反対に母親がドイツ系)がおおむねドイツオペラとリートに専心したのに対し、ずっとイタリアオペラ等に積極的で、特にベルカントでは当代を代表する歌い手の一人である。夫の指揮者フリードリッヒ・ハイダーがそのバックを振ることが多く、彼はオーストリア人にもかかわらずイタリアオペラのスペシャリスト的存在となっている。

自身の半生を語った自叙伝『うぐいすとバラ』(音楽之友社)があり、後の華々しい活躍からは想像もできない若い頃のグルベローヴァの苦悩を知ることができる。
2021年10月18日、スイスのチューリッヒで死去、74歳没。

経歴

トゥールーズで開催されたコンクールで優勝した後に1968年、歌劇『セビリアの理髪師』のロジーナ役でブラチスラヴァでオペラへのデビューを果たした。 1968年から1970年まで、バンスカー・ビストリツァ、スロバキアのJGタヨフスキー劇場のオペラアンサンブルのソリストとして活躍。 Medveckaはひそかにすぐに彼女に接触し、1969年夏、ウィーン国立歌劇場でのオーディションを行った。 彼女は『魔笛』の夜の女王を歌い最初の大きな躍進を遂げた。その後、西欧諸国へ移住することを決めた。 その後数年間で、彼女はウィーン国立歌劇場のソリストとなり、特にコロラトゥーラ・ソプラノの役で、世界で最も重要な数々のオペラハウスから招待された。 グルベローヴァは「夜の女王」として、1973年グラインドボーン音楽祭、1977年メトロポリタン・オペラにそれぞれデビュー。
1977年、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮の『ドン・カルロ』でザルツブルク音楽祭に初出演。
1980年、初来日。
1981年、歌劇『リゴレット』のジャン=ピエール・ポネルの映画に出演、ルチアーノ・パヴァロッティと共演。 1984年ベッリーニ:歌劇『カプレーティとモンテッキ』ジュリエッタ役でコベントガーデンのロイヤルオペラハウスにデビュー。 他にはツェルビネッタ、ヴィオレッタ、ルチア、コンスタンツェ、マノン(マスネ『マノン』)とオスカル(『仮面舞踏会』)などを演じた。 1987年、ミラノ・スカラ座でドンナ・アンナ(『ドン・ジョヴァンニ』)、『連隊の娘』、1990年、ウィーンでドニゼッティの歌劇『ロベルト・デヴリュー』、1992年、チューリッヒで歌劇『セミラーミデ』を演じる。
2003年、レパートリーに『ノルマ』を追加し、2008/09ミュンヘンでも公演。 自身のCDレーベルであるナイチンゲール・クラシックスから、ドニゼッティのチューダー女王3部作や他のベルカントオペラを多数レコーディング、特に近年は完全版の録音を行っている。 彼女の撮影されたテレビ放映オペラ出演はノルマ、マノン、『テンダのベアトリーチェ』、『ルクレツィア・ボルジア』、『シャモニーのリンダ』などがDVDで発売されている。 日本でも多くのオペラ公演、コンサートを行っている。

Wikipedia


inserted by FC2 system