ピアニスト: グリゴリー・ソコロフ Grigory Sokolov

グリゴリー・リプマノヴィチ・ソコロフ(Grigory Lipmanovich Sokolov, 1950年4月18日 レニングラード - )はロシアのピアニスト。

略歴

5歳でピアノの学習を始める。レニングラード音楽院において、7歳のときレアー・ゼリフマンに、その後はモイセイ・ハルフィンに師事した。12歳で最初の大規模なリサイタルをモスクワで開く。1966年、16歳で第3回チャイコフスキー国際コンクールで優勝し、審査委員長のエミール・ギレリス以下、審査員の全員一致で金メダルの授与が決定されたことによって国際的な注目を浴びた。1970年代と1980年代のソ連国内では印象深い活躍を見せたのに対して、国外で演奏旅行を行なうことが滅多に許されなかったために、西側では名ばかりが知られた存在だった。ペレストロイカ以降の1980年代後半に、国際的な演奏活動が活発化してから、次第に現在の名声が打ち立てられた。

これまで行なった演奏会は、いつしか1000回以上に達し、ニューヨークのカーネギー・ホールやウィーンの楽友協会ホールにおける演奏などでは、しばしば批評家の熱狂的な賛辞を勝ち得てきた。
レパートリーは非常に幅広く、バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、シューマン、ショパン、ブラームス、スクリャービン、ラフマニノフ、プロコフィエフを得意とし、また、18世紀以前の作曲家、たとえばウィリアム・バードやフローベルガー、フランソワ・クープランにも意欲的に取り組んでいる。慎重に活動を続ける芸術家ではあるが、近年はフランスのレーベルを通じて発表される録音の量も増えており、2002年のパリ・リサイタルの模様は、映像監督のブルーノ・モンサンジョンによってDVDに収録され、発表された。
1976年、オーストリア政府よりオーストリア科学芸術功労賞を授与。また、マンハイム大学より名誉教授の称号を授与されている。

演奏はダイナミックなもので、左手で深いバスを響かせながら、大きな緩急を伴いながら情緒深く、しかも難曲でもミスタッチが非常に少ないのも特徴である。

Wikipedia

inserted by FC2 system