ピアニスト: ニコライ・ルガンスキー Nikolai Lvovich Lugansky

ニコライ・ルガンスキー(Nikolai Lvovich Lugansky,Луганский, Николай Львович 1972年4月26日 モスクワ - )はロシアのピアニスト。


経歴

1972年、旧ソ連のモスクワ生まれ。父は物理学、母は化学の研究者である。5歳からピアノを弾きはじめる。1979~1990年、モスクワの中央音楽学校でT. E. ケストネルの下で学び、その後モスクワ音楽院に入学してタチアナ・ニコラーエワ、セルゲイ・ドレンスキーの下で学び、1995年に卒業する。引き続き研究科に進んでドレンスキーの下で学び、1997年に卒業する。
1998年より母校のモスクワ音楽院でドレンスキーの助手として教え始め、現在も同音楽院で教鞭をとっている。 ルガンスキーはモスクワ・フィルハーモニーのソリストとして、ロシア功労芸術家とロシア人民芸術家(2013年)受賞時に登場している。

演奏

正確無比な演奏技巧、安定した演奏技巧と豊かな情緒が特徴的で、とりわけラフマニノフ作品の解釈で知られており、世界各地でオーケストラと共演を続けるほか、1994年のチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門における(1位なしの)2位を頂点に、数々の世界的な音楽コンクールでも優れた業績を残してきた。1992年にザルツブルク・モーツァルテウムより最優秀ピアニストとして表彰された。

Wikipedia

inserted by FC2 system