ミュンヘン・バッハ管弦楽団 Münchener Bach-Orchester

ミュンヘン・バッハ管弦楽団(Munchener Bach-Orchester)は、ドイツ・ミュンヘンを本拠地とするオーケストラである。

1953年にカール・リヒターによりミュンヘン・バッハ合唱団と協演するため設立。J・S・バッハの音楽を演奏することが主な目的で、同地でのコンサートや教会での演奏を行っている。リヒターの死去後は1984年から2001年までハンス=マルティン・シュナイト(現・名誉指揮者)が管弦楽団とミュンヘン・バッハ合唱団の芸術監督を務めた。その後はハンス=イエルク・アルブレヒトが芸術監督を務めている。

レコーディングは従来ほとんどがバッハの作品で、名盤の誉れ高いマタイ受難曲などの宗教曲の他、主要管弦楽曲・協奏曲やカンタータ選集がある。しかし最近ではマーラーの大地の歌(室内楽版)を録音するなど活動範囲を広めている。

外部リンク
ミュンヘン・バッハ管弦楽団

Wikipedia

inserted by FC2 system