ベルリン室内管弦楽団 Kammerorchester Berlin

ベルリン室内管弦楽団(Kammerorchester Berlin)は、ドイツ ・旧東ベルリンで設立された室内オーケストラである。

1945年にヘルムート・コッホによりベルリン放送交響楽団(東ベルリン)の団員をメンバーとして設立。1975年までコッホが芸術監督を務めた。その後コンサートマスターのハインツ・シュンク(Heinz Schunk)がリーダーを務め、1995年から現在までカトリーヌ・ショルツ が芸術監督を務めている。

レコーディングは、コッホ指揮でバッハの管弦楽曲やヘンデルの管弦楽曲・オラトリオ、ショルツ指揮・独奏でモーツァルトのヴァイオリン協奏曲全集などがある。

訳すと同名になるベルリン室内管弦楽団(Berliner Kammerorchester)はハンス・フォン・ベンダ(Hans von Benda)により1943年に設立された旧西ベルリンの団体である。

Wikipedia

inserted by FC2 system