イギリス室内管弦楽団 English Chamber Orchestra

イギリス室内管弦楽団(英語: English Chamber Orchestra)は、ロンドンを拠点とする室内オーケストラ。

沿革・概要

1948年にローレンス・レナードおよびアーノルド・ゴールズブロウによって創設されたゴールズブロウ管弦楽団を母胎とし、1960年に初めてバロック音楽以外をレパートリーに取り上げたのを機に、現在の名称に改められた。だが演奏曲目は依然として、モーツァルトの時代に意識的に倣ったアンサンブルの規模を考えて選ばれている。

改称から間もなく、オールドバラ音楽祭と密接なつながりを持つようになり、ベンジャミン・ブリテンのオペラ『夏の夜の夢』『カーリュー・リヴァー』などを初演している。またブリテンの指揮により、たびたび録音を行なった。とりわけモーツァルトの交響曲第25番と第40番の録音は秀演として有名である。

指揮者

1985年にジェフリー・テイトが初代首席指揮者に就任するまでは常任指揮者がいなかったが、レイモンド・レッパードやコリン・デイヴィス、ダニエル・バレンボイムらの著名な客演指揮者と共演を続けていた。2000年より、ラルフ・ゴトーニが首席指揮者を務めている。

Wikipedia

inserted by FC2 system