木管楽器: アルトフルート Alto Flute

アルトフルートはフルート属の楽器のひとつで、木管楽器に属する。

英 alto flute  独 Altflote  仏 flute alto, flute en sol  伊 flauto contralto

コンサート・フルートの低音用の拡張として、フルート・ダモーレの次に位置する。低音域の目立ってやわらかい音色を特徴とする。ト調の移調楽器であり、ピッコロやバスフルートと同様に、ハ調のフルートと指使いは同じである。

アルトフルートの管はコンサート・フルートよりもかなり太く、演奏者はより多くの息を必要とする。このため、低音域の1オクターブ半でデュナーミクの変化をつけやすい。

アルトフルートのデザインを完成し、ト調(記譜より4度低い)に音程を定めたテオバルト・ベームは、この楽器を好んでいた。
音域はG3(中央ハの下のト音)からG6(実音でト音譜表の上第4線、三点ト)までで、さらに最高音域としてD♭7まで伸ばすことができる。

イギリスの音楽ではアルトフルートのことをしばしばバスフルートと称するが、同じ名前の楽器が別に存在するために混乱のもとになっている。名称の混乱の原因は、現代のコンサート・フルートの音域がルネサンス時代のテナー・フルートと同じであることに起因し、テナー・フルートより低い音域の楽器なのでバスと呼ばれるのである。

頭部管の形状

アルトフルートの頭部管にはU字形のものとまっすぐなものの2種類の形状がある。U字形の頭部管は腕を伸ばす必要が少なくなるため、小さな演奏者に好まれ、重心が演奏者に近づくために、より軽く感じられる。しかしながら、まっすぐな頭部管の方が全体的に調音が優れており、より一般的に使われる。

まっすぐな頭部管をもつアルトフルート

U字形の頭部管をもつアルトフルート


アルトフルートのアンブシュアはコンサート・フルートのものに近いが、楽器の大きさに比例して大きくなる。したがって、吹口は下唇のより下の位置にあたり、唇の開きはより大きくなる。

Wikipedia

inserted by FC2 system