チャイコフスキー:ピアノ曲集「四季」より 12月 クリスマス

ピアノ演奏: ワジム・チャイモビチ Vadim Chaimovich

 

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーのピアノ曲集『四季』作品37bは、ロシアの一年の風物を各月ごとに12のピアノ曲で描写した作品集である。雑誌「ヌーヴェリスト」(ゴシップ好きまたは短編小説家の意味)の企画依頼で1875年から翌年にかけて作曲され、1885年に曲集として出版された。全体的に演奏は平易で、なおかつ作者特有のロマン的詩情も豊富なことから、愛好者も多い。なお、各曲ともロシアの詩人が各月の風物を題材にした作品を参考にしているというが、曲想との結びつきの強さは曲によってまちまちである。
1月~12月の12曲から構成される。

12月 クリスマス週(=聖誕祭から主顕節までの期間)終曲。
4分の3拍子のワルツ。変イ長調。半音階を使って転調している。ヴァシーリー・ジュコーフスキーの詩による。

 

Wikipedia

inserted by FC2 system