チャイコフスキー:ゆううつな・セレナーデ Serenade Melancolique 作品26

ヴァイオリン:パールマン Itzhak Perlman

憂鬱なセレナード(ゆううつなセレナード、仏:Serenade melancolique)作品26はピョートル・チャイコフスキーが1875年に作曲したヴァイオリンと管弦楽のための作品。
変ロ短調。木管楽器による静かな序奏の後、独奏ヴァイオリンが哀調を帯びたメロディを奏する。しばらく続いた後、やや速度を速めて動きのあるメロディが登場する。しかし長く続かず、元の速度に戻り、伴奏の形をより複雑にして冒頭のメロディが独奏ヴァイオリンに再度登場する。最後は消え入るように静かに終わる。

ゆううつなセレナーデ

inserted by FC2 system