チャイコフスキー: 弦楽四重奏曲 第1番 ニ長調 作品11 より 第2楽章 Andante cantabile

アタッカ弦楽四重奏団 Attacca Quartet

 
1876年12月にモスクワ郊外の領地ヤースナヤ・ポリャーナから久々にモスクワに来たレフ・トルストイに敬意を表して、ニコライ・ルービンシュタインは特別音楽会を催した。この時にはこの曲も演奏されたが、アンダンテ・カンタービレが演奏された時、チャイコフスキーの隣に座っていたトルストイは感動のあまり涙を流した。
この事をチャイコフスキー自身は、10年後の1886年7月2日の日記に「あの時ほど、喜びと感動をもって作曲家として誇りを抱いたことは、おそらく私の生涯に二度と無いであろう」と記している。
有名な第2楽章の以外にも美しい旋律が多く、またチャイコフスキーらしい情熱的な展開が魅力的である。各楽器の扱いは管弦楽の縮図のような筆致をみせ、時には大仰でもありそれが室内楽の真のスタイルではないと言われることもあるが、それもまた時には型破りな効果を見せる。
 
第2楽章 Andante cantabile 変ロ長調 2/4拍子 中間部をもとにしたコーダを伴う三部形式。冒頭の有名な旋律は、チャイコフスキーがウクライナで聴いた民謡に題材を得ている。

弦楽四重奏曲第1番ニ長調 作品11は、ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーによって、1871年2月に作曲された弦楽四重奏曲である

inserted by FC2 system