チャイコフスキー:序曲『ロメオとジュリエット』 "Romeo & Juliet" Overture

指揮:ヴァレリー・ゲルギエフ Valery Gergiev
ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

幻想序曲『ロメオとジュリエット』は、ピョートル・チャイコフスキーがシェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を題材として作曲した演奏会用序曲。
1869年の9月から11月にかけて作曲され、1870年3月16日、モスクワにおいてニコライ・ルビンシテインの指揮によって初演された。楽譜は1871年にベルリンで出版されたが、その際に大幅な改訂が行われた。その後も改訂が行われ、現在演奏される決定稿が出版されたのは1881年である。
交響曲第1番と第2番の間に作曲されたこの曲が、チャイコフスキーの最初の傑作という声も多い。

ロメオとジュリエット (チャイコフスキー)

inserted by FC2 system