サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン Zigeunerweisen

ヴァイオリン: 諏訪内 晶子 Akiko Suwanai
ピアノ: 林 絵里 Eri Hayashi

 

『ツィゴイネルワイゼン』(ドイツ語:Zigeunerweisen )作品20は、スペイン生まれのヴァイオリニストであるサラサーテが作曲、1878年に完成した管弦楽伴奏付きのヴァイオリン曲である。非常に派手で劇的なヴァイオリン曲として知られる。題名は「ロマの旋律」という意味である(「ツィゴイナーヴァイゼン」とするほうがドイツ語の発音に近い)。 いくつかのハンガリー民謡・大衆音楽の旋律を組み合わせて作曲されている。オリジナルはヴァイオリンと管弦楽であるが、ヴァイオリンとピアノで演奏する機会も多い。 協奏曲の3楽章に相当する3部からなる。

1.Moderato - Lentoハ短調、4分の4拍子
悲しげながらも堂々とした旋律。管弦楽の斉奏のあと独奏が主題を表す。非常に装飾音符が多く、見せ場には事欠かない。

2.Un poco piu lento ハ短調、4分の2拍子
いわゆる逆付点(16分音符+付点8分音符のリズム)が印象的な旋律を、弱音器を付けたヴァイオリンが奏でる。ハンガリー民謡にそのまま題材をとっている。

3.Allegro molto vivace イ短調、4分の2拍子
いきなり急速なテンポとなる。通常の右手のピチカートと技巧的な左手のピチカートを併用する。日本では商業放送にまれに登場する。

Wikipedia

inserted by FC2 system