サン・サーンス:組曲「動物の謝肉祭」"Carnival of the Animals" 第1曲-第7曲

指揮:シャルル・デュトワ Charles Dutoit
ロンドン・シンフォニエッタ London Sinfonietta (室内オーケストラ)

第1曲-第7曲 第8曲-第13曲 第14曲

 

第1曲「序奏と獅子王の行進曲」 Andante maestoso - Allegro non troppo - piu allegro 4/4拍子 ハ長調 - イ短調
ピアノの耳をつんざくような反復奏に始まる。ついで、勇壮な「行進」が弦楽器のユニゾンで奏される。
第2曲「雌鶏と雄鶏」 Allegro moderato 4/4拍子 ハ長調
ピアノと弦楽器が鶏の鳴き声を模倣しあう。全35小節。
第3曲「騾馬」 presto furioso 4/4拍子 ハ短調
アジアロバであろうと言われる。ピアノの上り下りする強奏の音階。全28小節。
第4曲「亀」 Andante maestoso 4/4拍子 変ロ長調
弦楽器がのそのそとユニゾンでオッフェンバックの「天国と地獄の旋律をわざとゆっくり奏する。
第5曲「象」 Allegretto pomposo 3/8拍子 変ホ長調
コントラバスがもそもそと軽やかにワルツを奏する。ベルリオーズの「ファウストの劫罰」の「妖精のワルツ」、メンデルスゾーンの「夏の夜の夢」の「スケルツォ」が重低音で組み入れられている。全52小節。
第6曲「カンガルー」 Moderato 4/4拍子、3/4拍子 ハ短調
装飾の付いた和音が上下して、飛び回るカンガルーを描写する。
第7曲「水族館」 Andantino 4/4拍子 イ短調
グラスハーモニカの入った幻想的なメロディーに、分散和音のピアノ伴奏が添えられている。

サン・サーンス:組曲「動物の謝肉祭」

inserted by FC2 system