プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』 のアリア『誰も寝てはならぬ』 "Nessun dorma"

指揮: ジェームズ・レヴァイン James Levine
パリ管弦楽団 Orchestre de Paris
テノール: ルチアーノ・パヴァロッティ Luciano Pavarotti

 

『誰も寝てはならぬ』(伊:Nessun dorma)は、ジャコモ・プッチーニ作曲の歌劇『トゥーランドット』(伊:Turandot)のアリア。テノールのための名アリアとして有名であり、世界的には歌い始めの歌詞から『Nessun dorma』の題で親しまれている。日本においても「Nessun dorma」を和訳した『誰も寝てはならぬ』が通称となっている。

このアリアは最終幕である第3幕 で、カラフによって歌われる。第2幕において、カラフはトゥーランドット姫への求婚者にだされる3つの難題を見事に解決した。それにも関わらず、姫はカラフとの結婚に難色を示す。そこでカラフは自分の名前を夜明けまでに当ててみせれば、結婚を諦めて命を捧げようと申し出る。ただし、名前を解き明かせなかったら、カラフとの結婚を姫は承諾しなければならない。そこで冷酷な姫は自国の国民に対し、カラフの名を解き明かすまでは寝ることを禁ずるというお触れを出す。そして、もし誰も解き明かせなかったら、国民を皆殺しにすると言う。
第3幕は夜の時点から始まる。カラフは一人、宮殿から月に照らされた庭に出る。そこでトゥーランドット姫のお触れを聞く。ここでアリア『誰も寝てはならぬ』がカラフによって歌われる。

《名の知られていない王子(カラフ)》
誰も寝てはならぬ!
誰も寝てはならぬ!
御姫様、貴方でさえも、
冷たい寝室で、
愛と希望に打ち震える星々を見るのだ…
然し私の秘密は唯胸の内に秘めるのみで、
誰も私の名前を知らない!
いや、そんなことにはならない、
夜明けと共に私は貴方の唇に告げよう!
そして、私の口付けが沈黙の終わりとなり、
私は貴方を得る。

《コーラス(女声)》
誰も彼の名前を知らない…
私たちに必ず、嗚呼、死が、死が訪れる。

《名の知られていない王子》
おお、夜よ去れ!
星よ沈め!
星よ沈め!
夜明けと共に私は勝つ!
私は勝つ!
私は勝つ!

ルチアーノ・パヴァロッティが著名な歌い手として知られ、「誰も寝てはならぬ」が世界的に有名になるきっかけを作った人物でもある。イギリスのラジオ番組でパヴァロッティ・ファンのディレクターが、パヴァロッティの歌う「誰も寝てはならぬ」を放送。パヴァロッティ「誰も寝てはならぬ」単体でシングル発売し、クラシックとしては異例の、イギリスのシングルチャートのトップ(ロック含め全シングルチャートトップ)を数週間に渡り記録し、全英だけで400万枚以上、全世界1200万枚以上の驚異的セールスを記録し、これをきっかけに「三大テノール」公演が実現した。

サッカーワールドカップ記念のいわゆる「3大テノール」(ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス)コンサートにおいて唄われ、それ以降イベントごとにパヴァロッティはこの曲を歌うこととなり、2006年トリノオリンピック開会式でも彼によって歌われた。しかし零下になる2月の寒空での本番で完璧に歌う自信がなかったため、オーケストラの演奏を含めたすべてが一週間前に録音された演奏にあわせた口パクだったことが、このステージの指揮者でもあったレオーネ・マジエラの著書により明らかになった。 パヴァロッティの死後、彼に才能を見出されたイタリア人テノール、アンドレア・ボチェッリが2010年4月30日の上海万博開幕式においてこの曲を歌った。
本来はテノールのためのアリアだが、近年はサラ・ブライトマンやアレサ・フランクリン、本田美奈子.など女声による歌唱も多くなっている。2002年にはフレデリック・ケープが大胆なダンスアレンジを施しながらサビにこのアリアのメロディと歌詞を組み込んだオリジナル楽曲として「Vincero」を発表した。日本においては、2007年に発売された東儀秀樹のアルバム『Out Of Border』にも収録され、2008年には新たに日本語歌詞を付けて歌唱した砂川恵理歌の「ひかり」が発表されている。同年に藤澤ノリマサも日本語歌詞をつけた「VINCERO -ビンチェロ-」を発表しているが、これはFredrik Kempeの楽曲のカバーである。 ロック界でもこの楽曲をカバーするアーティストは多く、ウリ・ジョン・ロート、ジェフ・ベック、マノウォー等が取り上げている。

プッチーニ:誰も寝てはならぬ

inserted by FC2 system