マスカーニ:オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」(田舎の騎士道)間奏曲

指揮: ラファエル・フリューベック Rafael Frühbeck 今月11日、スペインの病院でがんのため死去(80歳)
DR放送交響楽団 DR Radiosymfoniorkestret

 

『カヴァレリア・ルスティカーナ』(Cavalleria Rusticana )は、イタリアの小説家ジョヴァンニ・ヴェルガによる小説(1880年出版)、同人による戯曲(1884年初演)、およびピエトロ・マスカーニが同戯曲に基づいて作曲した1幕物のオペラ(1890年初演)。
ヴェルガの出身地シチリアの山間部を舞台として、貧しい人々の暮らし、三角関係のもつれから起きる決闘と殺人を描いたこの小説は、イタリアにおけるヴェリズモ(リアリズム文芸運動)の典型的作品とされている。
一方、マスカーニのオペラは1890年に完成し、楽譜出版社ソンツォーニョ社主催の1幕物オペラ・コンクールで圧倒的な支持を受けて優勝、マスカーニはたちまちオペラ界の寵児となった。また、このオペラはヴェリズモ・オペラ形式の端緒をなすものとされる。

inserted by FC2 system