ラロ:スペイン交響曲 第1楽章

ヴァイオリン:レオニード・コーガン Leonid Kogan

ヴァイオリン協奏曲第2番《スペイン交響曲》(Symphonie espagnole )作品21は、エドゥアール・ラロが1874年に、パブロ・デ・サラサーテのために作曲した作品。ラロの代表作と看做されている。ニ短調をとる。
1875年2月にパリで初演された 交響曲と題され、5楽章からなるものの、実質的には、ヴァイオリン独奏と管弦楽のために作曲された、交響的協奏曲にほかならない。随所にスペイン的な主題が使われ、フランスにおけるスペイン趣味の流行の前触れを告げた(本作の初演はビゼーの歌劇《カルメン》の初演に先立つこと実に1ヵ月であった)。

スペイン交響曲 提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

inserted by FC2 system