ホルスト:組曲「惑星」より戦争をもたらす者-火星

指揮:チャールズ・マッケラス Sir Alan Charles Maclaurin Mackerras
BBCフィルハーモニー管弦楽団 BBC Philharmonic Orchestra
BBC Proms 2009

大管弦楽のための組曲『惑星』(The Planets)作品32は、イギリスの作曲家グスターヴ・ホルストの作曲した代表的な管弦楽曲である。この組曲は7つの楽章から成り、それぞれにローマ神話に登場する神々にも相当する惑星の名が付けられている。

火星、戦争をもたらす者 原題:Mars, the Bringer of War Allegro
日本では「木星」に次いでよく知られている曲である。第一次世界大戦の頃の作品のため、その時代の空気が反映されていると指摘されることがある。不明確な調性、変則的な拍子など、ストラヴィンスキーの『春の祭典』からの影響が大きいといわれる。再現部の第2主題と第3主題の順序が入れ代わっているが、ソナタ形式に相当する。 「ダダダ・ダン・ダン・ダダ・ダン」という5拍子のリズムを執拗に繰り返す。このリズムは木製のマレットでティンパニ、弦楽器のコル・レーニョとハープで演奏される。

惑星 (組曲) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

inserted by FC2 system