フォーレ:レクイエム Requiem ニ短調 作品48 - Introitus et Kyrie

指揮: アイヴァー・ボルトン Ivor Bolton
デンマーク放送交響楽団 Danmarks Radio Symfoniorkestret
デンマーク放送合唱団 DR KoncertKoret

 

レクイエムの傑作として知られ、フォーレの全作品中で最も演奏機会が多い。フォーレの音楽活動のなかでは、ピアノ四重奏曲第2番ト短調作品45、あるいは『パヴァーヌ』作品50などと並んで、中期の幕開きを告げる代表的な作品に位置づけられる。演奏時間約40分。
しばしば、モーツァルト、ヴェルディの作品とともに「三大レクイエム」の一つに数えられる。

第1曲 イントロイトゥスとキリエ(Introitus et Kyrie)
ニ短調。オーケストラのユニゾンによる重々しい主音で始まる。分散和音線を基調としたテノール、変ロ長調に転じた甘美なソプラノ、フォルティッシモの合唱と続く。キリエではやや律動的になる。

フォーレ:レクイエム

inserted by FC2 system