フォーレ: ピアノ三重奏 ニ短調 作品120 より 第2楽章 Andantino

ピアノ( ベヒシュタイン Bechstein ): ニコラ・アンゲリッシュ Nicholas Angelich
Renaud Capucon (violin) and Gautier Capucon (cello)
Live at London's Wigmore Hall on April 30th, 2013

 

ピアノ三重奏曲(仏: Trio pour piano, violon et violoncelle) ニ短調作品120は、近代フランスの作曲家ガブリエル・フォーレ(1845年 - 1924年)が作曲したピアノ、ヴァイオリン、チェロのための室内楽曲。全3楽章からなり、演奏時間は約20分。

フォーレの創作期間はしばしば作曲年代によって第一期(1860年 - 1885年)、第二期(1885年 - 1906年)、第三期(1906年 - 1924年)の三期に分けられる。 ピアノ三重奏曲は、このうち第三期に属するとともにフォーレ最晩年の作品であり、高齢による肉体の衰えと絶え間ない疲労に苦しみながら作曲された。

フォーレは1921年末までにチェロソナタ第2番(作品117)及び自身最後の歌曲集となった『幻想の地平線』(作品118)につづいてこれも最後の夜想曲となった夜想曲第13番(作品119)を完成しており、ネクトゥーは、夜想曲第13番の完成とともにフォーレの生涯におけるもっとも重要な時期は幕を閉じたとしている。翌1922年以降は容易に筆が進まず、作品の質は保たれたものの、その数は著しく減少した。 没年の1924年まで最後の3年間に作曲されたのは、このピアノ三重奏曲(1923年)と、未完成の弦楽四重奏曲しかない。
また、この作品はフォーレ自身が格別の評価を下していたラヴェルのピアノ三重奏曲(1914年)とともに、当時のフランスのピアノ三重奏曲を代表するものといえる。

音楽

急・緩・急の3つの楽章からなり、全体に線の強い表出を特徴とする。簡潔に徹した書法はこの時期のフォーレの他の作品とも共通したものである。
フォーレ自身はこの作品を控えめに「小さなトリオ」と呼んだ。フォーレの弟子フローラン・シュミットは、「これこそ音楽だ。そして音楽以外の何ものでもない。ラモーのようにほっそりとして、バッハのように澄み渡って力強く、また穏やかに訴えかけるところはフォーレ自身だ。」と述べている。

各楽章について

最初の二つの楽章は比較的穏やかで、淡彩の絵にも似た哀調を帯びている。
第1楽章は明快な書法と分かりやすい形式を持つ。 ベルギーの音楽研究家ハリー・ハルブライヒ(en:Harry Halbreich)はこの第1楽章について、「地上的な一切の情熱から遠い、澄み渡った明るさ」と評している。 またネクトゥーは、「フォーレの作品中でも透明感において群を抜いており、言葉では言い表し得ないほどの優しさを秘めた輝きに満ちている」とする。
第2楽章は歌謡的な緩徐楽章であり、主題間の対比や結合に精緻な工夫が認められる。 とくにこの楽章の美しさについては、「並外れて美しい第1主題」(クライトン)、「至上の美しさ」、「フォーレのもっとも純粋な霊感のひらめき」、「弦楽器が奏でる恋人同士のような語らいは、この世のものとは思えない」(いずれもネクトゥー)、「高雅な抒情味がくまなく全体に及んで香り立つ、魅惑的な音楽」(平島)といった賛辞が寄せられている。
第3楽章は、活気にあふれたスケルツォによる終曲である。 これについては、後の弦楽四重奏曲に関するフォーレの口述として「(弦楽四重奏曲の)第3楽章では、私のピアノ三重奏曲を思わせるような、スケルツォ風の軽快で楽しい気分を強調すべきです。」という言葉が残されている。
フォーレの室内楽作品の終楽章としてもとくに優れており、「終楽章は、ピアノ五重奏曲第1番よりも成功している。」(クライトン)、「創意面でも手堅い手法の面でも、チェロソナタ第2番の驚異的な終楽章をはるかに上回っている。」(ネクトゥー)など、高い評価がなされている。
楽章冒頭のヴァイオリンとチェロによるオクターヴ・ユニゾン音型については、イタリアの作曲家レオンカヴァッロ(1857年 - 1919年)のオペラ『道化師』(1892年)で歌われるカニオのアリア「衣装を着けろ」の中の「さらば歌え、道化師(パリアッチ)よ」との類似がしばしば指摘されている。 これについてフォーレの長男エマニュエルは、あくまでも偶然によるものであり、フォーレ自らはそのような指摘を快く思っていなかったと伝えている。
とはいえ、「フォーレはイタリアのヴェリズモ・オペラを嫌っていたことを考えると、ここには皮肉が含まれているかもしれない」(クライトン)、「もし77歳のフォーレが意識して引用したのだとすると、導入部での呼びかけに潜む粗野な暗さが、コーダで洗い落とされていると思われる。」(平島)といった論考もなされている。

構成

第1楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ ニ短調、3/4拍子、ソナタ形式。
2小節のピアノの控えめな導入に続いて、チェロが第1主題を穏やかに歌い出し、ヴァイオリンのG線に受け継がれる。 この主題部分は規則正しい構成を持ち、20小節が4小節ずつの5つの部分に区分されている。
ピアノの鋭い響きを持った動機による短い経過句ののち、素朴な第2主題が変ロ長調でピアノに現れる。 この主題が蛇行を重ねながらゆっくりと上昇していき、ヴァイオリンとチェロのオクターヴ・ユニゾンから対旋律Bが示される。
展開部では、ピアノの低音部に第1主題が現れ、これにヴァイオリンとチェロが織り合わされる。ヴァイオリンに第2主題が加わると、弦とピアノによる対位法的な絡みとなり、音高と強度を高めながらフォルテの頂点を形作る。 ヴァイオリンが最強奏のオクターヴによって音階を降りてくるのに添って、チェロとピアノの左手に第1主題が再現する。第2主題の再現はニ長調で提示部同様ピアノによるが、ここでは対旋律が省かれている。 再現部のあとに「第2の展開部」があるのは、晩年のフォーレ作品に見られる特徴的な作風で、第1主題後半の動機に基づいて末尾の展開が始まる。 コーダでは二つの主題がひとつに融合され、ヴァイオリンとチェロのユニゾンにピアノのアルペッジョが加わって力強く高揚する。 ネクトゥーは、このコーダにフォーレの幼年時代の記憶の中にある、ピレネー地方の鐘の音が鳴り響いているようだと述べている。

第2楽章 アンダンティーノ ヘ長調、4/4拍子、三部形式。
ピアノのゆるやかな和音連打による前奏に乗って、ヴァイオリンとチェロが親しく語り交わすような第1主題を示す。 この優しく揺れる旋律の伴奏和音が分散型に変わると、ピアノに5度跳躍下行を特徴としたニ短調の経過句が出る。
ネクトゥーはこの部分について、「音楽家が自分でも当惑するような感覚の領域、言い換えれば崇高さともいえるような領域に足を踏み入れたときに湧き起こる強い羞恥心によるもの」とし、フォーレの長男エマニュエル・フォーレ=フレミエの「フォーレは親密な演奏会の最中に聴衆が感動していることに気づくと、突然、時には驚くほどの冗談を飛ばして、その場の雰囲気を和らげた」という回想を引用している。
中間部では、カンタンド・エスプレッシーヴォでうら悲しさを漂わせた第2主題がピアノに現れる。 この旋律は、1920年から1921年にかけて書かれたピアノ五重奏曲第2番とチェロソナタ第2番のアンダンテ楽章と同様に、コラール様式で書かれている。
ときおりため息を漏らすのみだったヴァイオリンとチェロがこの旋律をひっそりと受け継ぎ、転調を重ねながら上昇してゆく。ピアノに第1主題が回帰して再現部となり、経過句はヘ短調をとる。弦を加えた中間部の回想から次第に高まってコーダに入り、二つの主題が重ねられてヘ長調の平安のうちに終わる。

第3楽章 アレグロ・ヴィヴォ ニ短調、3/8拍子。テンポや書法から見てスケルツォ楽章であるが、主題の交替やその民衆的な性格からロンド・ソナタ形式とも解釈できる。
長い導入部があり、ヴァイオリンとチェロのオクターヴ・ユニゾンで激しく呼びかけるような主題が弾き出される。この主題についてレオンカヴァッロのオペラ『道化師』の「さらば歌え、道化師よ」との類似が指摘されていることは、#各楽章についてですでに述べたとおり[3][1]。 この「呼びかけ」に対するピアノの応答から、主部の第1主題が導き出される。
主部に入り、チェロが第1主題を完全な形で提示する。第2主題はヴァイオリンとチェロの掛け合いにより、これにピアノの舞踏的な対主題が続く。
展開部では、弦の二重奏からピアノが第1主題を示し、ヴァイオリンがカノン風に模倣する、これに第2主題と導入部の動機が加わる。再現部は第2主題、第1主題の順で戻ってくる。導入部の「呼びかけ」の動機によって盛り上がり、コーダとなる。ここは導入部に匹敵する規模を持ち、二つの主題から「呼びかけ」の主題が大きく奏され、ニ長調で全曲を力強く結ぶ。

inserted by FC2 system