フォーレ:ドリー組曲 Dolly Suite 作品56 ( ピアノ連弾 )

Primo: 春山 さとみ Satomi Haruyama  Secondo: ルイ・レーリンク Louis Leerink

 

『ドリー』(Dolly)作品56は、ガブリエル・フォーレが作曲したピアノ連弾のための6曲からなる組曲。

フォーレが妻のマリーを通じて親しくなった銀行家の娘エンマ・バルダック(後年のドビュッシー夫人)の娘で、1892年に生まれたエレーヌの誕生日祝いに書かれた曲を中心に編まれた。タイトルの「ドリー」というのはエレーヌの愛称であり、フォーレはこの曲集をエレーヌに献呈している。

1898年にアルフレッド・コルトーとエドゥアール・リスラーの連弾によって初演され、翌年には初演者コルトーの手によるピアノ独奏版が、1906年にはアンリ・ラボーによる管弦楽編曲版が出版され、原曲に加え編曲版も有名になっている。

Wikipedia

inserted by FC2 system