フォーレ:ドリー組曲 より 第1曲 子守歌(Berceuse)作品16

ヴァイオリン: Olga Parhomenko

 

『ドリー』(Dolly)作品56は、ガブリエル・フォーレが作曲したピアノ連弾のための6曲からなる組曲。

フォーレが妻のマリーを通じて親しくなった銀行家の娘エンマ・バルダック(後年のドビュッシー夫人)の娘で、1892年に生まれたエレーヌの誕生日祝いに書かれた曲を中心に編まれた。タイトルの「ドリー」というのはエレーヌの愛称であり、フォーレはこの曲集をエレーヌに献呈している。

1898年にアルフレッド・コルトーとエドゥアール・リスラーの連弾によって初演され、翌年には初演者コルトーの手によるピアノ独奏版が、1906年にはアンリ・ラボーによる管弦楽編曲版が出版され、原曲に加え編曲版も有名になっている。

6つの曲で構成されている。
・第1曲 子守歌(Berceuse)
1893年に書かれたらしく、この曲のみ先行して1894年に単独で出版されている。ホ長調。ゆりかごのような分散和音の上に優しい主題が歌われる。

inserted by FC2 system