ドビュッシー: 組曲『子供の領分』より 第4曲 「雪は踊っている」 The Snow is Dancing

ピアノ: ボリス・ベルマン Boris Berman

 

子供の領分(原題:Children's Corner)は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1908年に完成させたピアノのための組曲である。 この作品は当時3歳だったドビュッシーの娘クロード・エマ(愛称 “シュシュ” Chouchou)のために作曲された。この作品は子供に演奏されることを意図したものではなく、あくまでも大人が子供らしい気分に浸ることを目的とした作品である。この点において、シューマンの『子供の情景』とも通じる精神がある。

『子供の領分』は、6つの小品からなる組曲であり、英語のタイトルが付されている。1905年、ドビュッシーは前妻リリー・テクシエと離婚し、銀行家夫人だったエマと駆け落ち同然に再婚する。そしてその年、一人娘のクロード・エマが誕生。43歳にして初めて授かったこの子を、ドビュッシーは溺愛した。この作品は、彼女に捧げられている。題名が英語表記なのは、エマ夫人の英国趣味に影響されたものと言われている。
1908年、デュラン社から出版され、その年の12月18日、パリにてハロルド・バウアーによって初演された。1911年、アンドレ・カプレによってオーケストレーションがなされ、その年の3月25年にその初演が行われた。

第4曲 「雪は踊っている」 (The Snow is Dancing) 静かに降る雪を、窓辺で飽きることなくじっと眺めている子供たち。ゆっくり舞いながら降りてきた雪の妖精が、地表を白いビロードで覆う様を表現したトッカータ。ドビュッシーは、イギリスの妖精を題材としたアーサー・ラッカムのイラストレーションから、インスピレーションを得たという。

inserted by FC2 system