ブラームス:ヴァイオリン ソナタ 第2番 イ長調 作品100

ヴァイオリン: アンネ=ゾフィ・ムター Anne-Sophie Mutter
ピアノ: ランバート・オルキス Lambert Orkis

 

ヴァイオリンソナタ第2番 イ長調 作品100は、ヨハネス・ブラームスが1886年に作曲した室内楽作品。他作品に比べて明朗な響きで典雅な構成になっている。

ヴァイオリンソナタ第1番の完成から7年を経た1886年の夏に、避暑地(スイス)のトゥーン湖畔で作曲・完成された。この時期のブラームスは多くの友人たちと親交を結び、同時にピアノ三重奏曲第3番やチェロソナタ第2番など多くの作品を生み出すなど、充実した生活を送っていた。そうした日々から生まれたのがヴァイオリンソナタ第2番である。第1番よりも逞しく作られている。
この後に第3番が書かれているが、第2番とは対照的に暗い雰囲気が醸し出されている作品である。
初演は1886年の12月2日にウィーンでヨーゼフ・ヘルメスベルガーのヴァイオリン、ブラームス自身のピアノによって行われた 。

全3楽章で、演奏時間は約23分。

第1楽章 Allegro amabile
4分の3拍子。イ長調。ソナタ形式。冒頭からピアノの主和音が流れ、ヴァイオリンがオブリガートを務める。更にピアノが主題を弾きヴァイオリンが補充している。
ベートーヴェンの作と異なってヴァイオリンに主題を全て歌わせず、補佐役を担わせていながら音色の美しさを印象づけている。第1主題が重厚なイ長調(C#-G#-A)の和声であり、ピアニスティックな表現であるが、第2主題は属調ホ長調でG#-H-Eの主和音が素材。いずれも優雅でロマン派作家としての特徴が現れている。
展開部は第1主題をくりかえしていて、簡単に済ませている。尤もピアノは重厚な和声で筆跡は明らか。
再現部は形式通り。vivaceの部分で同名短調に傾いているがこれも簡潔に済ませている。

第2楽章 Andante tranquillo
4分の2拍子。ヘ長調。ロンド形式。冒頭ではピアノ右手とヴァイオリンとが対位法的に主題を表す。この穏やかな曲想は後二回ニ長調で使い回される。vivaceでは4分の3拍子。ニ短調。同様に対位法的処理がされており簡明な展開。
前楽章・後楽章いずれも落ち着いた歌唱風なのでここではやや律動的に処理している。

第3楽章 Allegretto grazioso (quasi Andante)
2分の2拍子。イ長調。ロンド形式。冗長さを恐れたのか2分の2拍子にしているが、途中アルペジョをピアノが奏するので4分の4でも遅くはない。三連符と8分音符、6連符の減七の和音を組み合わせてリズムが単調にならない配慮をしている。コーダはヴァイオリンの重音で締めくくっている。

inserted by FC2 system