ブラームス:交響曲 第3番 ヘ長調 作品90 より 第3楽章 Poco allegretto

指揮者: 不明
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Wiener Philharmoniker

 

ヨハネス・ブラームスの交響曲第3番ヘ長調作品90(原題(ドイツ語):Sinfonie Nr. 3 in F-Dur op. 90)は、1883年5月から10月にかけて作曲された。ブラームスの交響曲の中では演奏時間が最も短く、新鮮かつ明快な曲想で知られる。初演者ハンス・リヒターは、「この曲は、ブラームスの『英雄』だ。」と表現した。しかし、当のブラームスはこの曲の標題的な要素についてはなにも語っていない。両端楽章で英雄的な闘争をイメージさせる部分もあるが、その根底を流れているのは、ロマン的な叙情や憂愁と考えられる。

第3楽章 Poco allegretto ハ短調。3/8拍子。三部形式。
木管のくぐもったような響きの上に、チェロが憂愁と憧憬を湛えた旋律を歌う。全曲でもよく知られる部分である。
中間部は変イ長調で、木管の夢見るような柔らかな表情が特徴的。主部の旋律はホルンによって再現される(なお、この楽章で使用されている金管楽器はホルン2本のみである)。

交響曲第3番 (ブラームス)

inserted by FC2 system