シューマン:交響的練習曲 Sinfonische Etuden 作品13

ピアノ:イリヤ・ラシュコフスキー Ilya Rashkovskiy (1984年- シベリア生まれのピアニスト)
at the Arthur Rubinstein Piano Master Competition, May 2011 in Tel Aviv

交響的練習曲(独:Sinfonische Etuden)作品13は、ドイツの作曲家ロベルト・シューマンが作曲したピアノのための練習曲。シューマンのピアノ曲を代表するとともに、変奏曲の傑作として広く知られている。友人だったイギリスの作曲家ウィリアム・スタンデール・ベネットに献呈されている。
この曲は、1834年から35年にかけてシューマンと交際関係にあったエルネスティーネ・フォン・フリッケンの父フリッケン男爵の「フルートとピアノのための『主題と変奏』」の旋律を主題としているが、出版に際しては『あるアマチュアの主題による』とだけ表記された。

シューマン:交響的練習曲

inserted by FC2 system