シューマン:幻想小曲集 "Fantasiestücke" 作品12 第3曲-第4曲

ピアノ: クリスティアン・ツァハリアス Christian Zacharias

幻想小曲集(Fantasiestucke)作品12は、ロベルト・シューマンが1837年に作曲した、8曲からなるピアノ曲集。タイトルの通り、一つ一つの曲は幻想的な情緒に満ちており、それぞれに文学的な標題が付けられている。

第3曲 なぜに Warum? 変ニ長調 Langsam und zart(ゆっくりそして優しく; Lento e teneramente) 標題の通り、問いかけるような主題が2声で進行する。

第4曲 気まぐれ Grillen Mit Humor(ユーモアをもって; Con umore) スケルツォの形をとる。変ニ長調であるが、変ロ短調(しかも属和音)で開始され、すぐに変ト長調となり、変イ長調を経て、16小節目でやっと変ニ長調が示されるなど、主部だけで十分に気まぐれ的な要素を含んでいる。中間部は変ト長調のコラールとなるが、やはり気まぐれなものである。

シューマン:幻想小曲集 作品12

inserted by FC2 system