シューベルト:歌曲集「冬の旅」"Winterreise" 第1部(第1曲-第12曲)

バリトン:ハンス ホッター Hans Hotter
ピアノ:ジェラルド ムーア Gerald Moore

 

1. おやすみ Gute Nacht
冬の夜、失恋した若者は、恋人の住んでいる町から去っていく。若者は恋人とすごした春の回想にふけるが、今は冷たい雪に覆われた冬。若者は自分がただのよそ者であると感じ、あてもない旅に出ようとする。恋人の家の扉に「おやすみ」と書き残し、旅に出る。 「冬の旅」全曲の序曲ともいうべき曲で、この曲全体に貫かれている歩行のリズムがきわめて印象的である。この曲についての解釈で、非常に見解が分かれる点が一つあり、この若者が出ていくのは、恋人の住んでいる家から、なのか、恋人が住んでいる家の前を通った時に、「おやすみ」と記したのか、という点である。しかし、評論家の梅津時比古が指摘しているように、通りかかった時では、長調に転調してからの「君の眠りを妨げないように/そっと、そっと扉を閉めよう」の意味がわからなくなり、恋人の住む家から出ていく、と解するのが妥当ではないかと思われる。

Fremd bin ich eingezogen,
Fremd zieh' ich wieder aus.
Der Mai war mir gewogen
Mit manchem Blumenstraus.
Das Madchen sprach von Liebe,
Die Mutter gar von Eh', -
Nun ist die Welt so trube,
Der Weg gehullt in Schnee.
 
Ich kann zu meiner Reisen
Nicht wahlen mit der Zeit,
Mus selbst den Weg mir weisen
In dieser Dunkelheit.
Es zieht ein Mondenschatten
Als mein Gefahrte mit,
Und auf den weisen Matten
Such' ich des Wildes Tritt.
Was soll ich langer weilen,
Das man mich trieb hinaus ?
Las irre Hunde heulen
Vor ihres Herren Haus;
Die Liebe liebt das Wandern -
Gott hat sie so gemacht -
Von einem zu dem andern.
Fein Liebchen, gute Nacht !
 
Will dich im Traum nicht storen,
War schad' um deine Ruh'.
Sollst meinen Tritt nicht horen -
Sacht, sacht die Ture zu !
Schreib im Vorubergehen
Ans Tor dir: Gute Nacht,
Damit du mogest sehen,
An dich hab' ich gedacht.
inserted by FC2 system