シューベルト: 4つの即興曲 Impromptus D.935 作品142 第1曲

ピアノ演奏:アルフレッド・ブレンデル Alfred Brendel

 

4つの即興曲 作品142、D935は、フランツ・シューベルトが最晩年の1827年頃に作曲したピアノ独奏曲。ピアノソナタという形式をとらないが、実質大ソナタとも呼べる優れた構築性が認められる。特にロベルト・シューマンによってこうした指摘がなされ、現在では4曲を一組として演奏されることが多い。第3曲は「ロザムンデ」の主題をそのまま生かした洗練された変奏曲であり、単独での演奏機会も多い。
シューベルトは同時期に4つの即興曲 作品90、D899も作曲しているが、各作品の相互関連性・構築性に大きな違いがある。

第1曲 Allegro moderato ヘ短調。展開部を欠いたソナタ形式。4分の4拍子。
下降音階を基調にした第1主題。右手の豊富な装飾音は作者が落ち着きない演奏を避けるため、あえて演奏者に負担を強いたといえる。第2主題は変イ短調。右手と左手との交差は、同時期に作曲したピアノソナタ第20番と同様である。再現部でヘ短調になる。

inserted by FC2 system