シューベルト:さすらい人幻想曲 ハ長調 作品15 D.760

ピアノ:アルフレッド・ブレンデル Alfred Brendel

第1楽章 第2楽章 第3楽章-第4楽章

幻想曲ハ長調「さすらい人」、またはさすらい人幻想曲はフランツ・シューベルト作曲のピアノ独奏曲である。D760、作品番号15。1822年出版。
4楽章からなるが、切れ目なく演奏される。第2楽章の変奏曲主題が自作の歌曲『さすらい人』による(また4楽章とも『さすらい人』に基づく主題を用いている)のでこの名がある。のちにフランツ・リストが編曲したピアノ協奏曲(管弦楽伴奏)版もよく知られる(リストは弾きやすくした校訂版も発表している)。

第1楽章:アレグロ・コン・フォーコ・マ・ノン・トロッポ、ハ長調。『さすらい人』のダクティルリズムを基にした主題によるソナタ形式。非常に堂々とした祭典風の音楽。ベートーベンのハ長調ソナタ(ヴァルトシュタイン)にも並ぶ明朗な楽章。後続楽章への接続も巧妙で初期ロマン派の特徴的な転調に作曲者の個性を見出せる。

inserted by FC2 system