シューベルト:歌曲「至福」"Seligkeit" D.433

ソプラノ:エリー・アーメリング Elly Ameling
ピアノ: イェルク・デムス Jörg Demus

 

『至福』(Seligkeit )D.433は、ルートヴィヒ・ハインリヒ・クリストフ・ヘルティの詩により、オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトが1816年5月に作曲した歌曲である。しばしば「幸福」とも訳される。詩は三節からなり、第一節と第二節が、素晴らしいと神父から聞いた天国への限りない憧憬を歌い、第三節は「でも、たとえどんなに天国が素晴らしくても、恋人のラウラがほほ笑むここにいるのが一番幸せだ」と締めくくられる。

至福 (シューベルトの歌曲)

inserted by FC2 system