シューベルト:歌曲「秋」Herbst D.945

バリトン:ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ Dietrich Fischer-Dieskau
ピアノ: ジェラルド・ムーア Gerald Moore

  

『秋』(Herbst)D945は、オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトの晩年の歌曲。ルートヴィヒ・レルシュタープの詩に作曲している。

1828年4月、シューベルトの最晩年に、歌曲集『白鳥の歌』に収められている一連のレルシュタープ歌曲とともに作曲された。
詩は、秋の寂寥感とともに、過ぎ去っていった春と夏、人生の盛りの時期を惜しむ哀愁と悲哀とに満ちている。
シューベルトの楽曲はホ短調12/8拍子で、絶えず動き続ける右手のトレモロが、秋の風にざわめく木々を巧みに表現し、左手が歌唱声部と豊かな対話を織りなす。ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウはこの作品について、純粋に対位法的な作品であると述べている(「シューベルトの歌曲をたどって」原田茂生訳、白水社)。
シューベルトお得意の巧みな転調も見られ、寂寥感漂う美しい傑作に仕上がっている。
ベーレンライター原典版では『白鳥の歌』の巻に補遺として収められている。

http://homepage2.nifty.com/182494/LiederhausUmegaoka/songs/S/Schubert/S1932.htm

シューベルト:春に

inserted by FC2 system