シューベルト:歌曲「死と乙女」"Der Tod und das Mädchen" D.531

ソプラノ:ユリア・ヴァラディ Julia Varady
  She was married to the German baritone Dietrich Fischer-Dieskau from 1977 until his death in 2012
ピアノ:フィシャー・ディースカウ Dietrich Fischer-Dieskau

  

『死と乙女』(Der Tod und das Madchen)作品7-3、D531は、フランツ・シューベルトによる歌曲(リート)。詩はマティアス・クラウディウスによる。病の床に伏す乙女と、死神の対話を描いた作品。
乙女は「死」を拒否し、死神に去ってくれと懇願するが、死神は、乙女に「私はおまえを苦しめるために来たのではない。お前に安息を与えに来たのだ」と語りかける。ここでの「死」は、恐ろしい苦痛ではなく、永遠の安息として描かれている。ドイツでは、昔から「死は眠りの兄弟である」とよく言われており、ここでの「死」も一つの永遠の安息として描かれている。

Das Mädchen(乙女):
"Voruber! ach, voruber!
Geh, wilder Knochenmann!
Ich bin noch jung, geh, Lieber!
Und ruhre mich nicht an."
Der Tod(死神):
"Gib deine Hand, du schon und zart Gebild',
Bin Freund und komme nicht zu strafen.
Sei gutes Muts! Ich bin nicht wild,
Sollst sanft in meinen Armen schlafen."

シューベルト:歌曲 死と乙女

inserted by FC2 system