シューベルト:歌曲「死と乙女」 作品7-3 D.531

バリトン: フィシャーディスカウ Fischer-Dieskau
ピアノ: ジェラルド ムーア Gerald Moore

  

『死と乙女』作品7-3、D531は、フランツ・シューベルトによる歌曲(リート)。詩はマティアス・クラウディウスによる。病の床に伏す乙女と、死神の対話を描いた作品。
乙女は「死」を拒否し、死神に去ってくれと懇願するが、死神は、乙女に「私はおまえを苦しめるために来たのではない。お前に安息を与えに来たのだ」と語りかける。ここでの「死」は、恐ろしい苦痛ではなく、永遠の安息として描かれている。 ドイツでは、昔から「死は眠りの兄弟である」とよく言われており、ここでの「死」もひとつの永遠の安息として描かれている。

Das Madchen(乙女):
"Voruber! ach, voruber!
Geh, wilder Knochenmann!
Ich bin noch jung, geh, Lieber!
Und ruhre mich nicht an."
Der Tod(死神):
"Gib deine Hand, du schon und zart Gebild',
Bin Freund und komme nicht zu strafen.
Sei gutes Muts! Ich bin nicht wild,
Sollst sanft in meinen Armen schlafen."

Wikipedia

inserted by FC2 system