シューベルト:弦楽四重奏13番 イ短調 D.804 「ロザムンデ」第1楽章

タカーチ弦楽四重奏団 Takacs Quartet

第1楽章 第2楽章 第3楽章 第4楽章

 

1.Allegro ma non troppo
2.Andante
3.Menuetto Allegretto Trio
4.Allegro moderato

第1楽章のメランコリックな第1主題は、シューベルト最初期の歌曲『糸を紡ぐグレートヒェン』に基づいている。しかしながら、『ロザムンデ』という俗称の由来は、第2楽章の変奏曲の主題が、劇付随音楽『ロザムンデ』からとられていることによる(逆にこの第2楽章の主題を劇付随音楽『ロザムンデ』に再使用したとの説も有力。
第3楽章のメヌエット主題は、歌曲『ギリシャの神々』D677との関連性が指摘されている。

弦楽四重奏曲第13番 (シューベルト)

inserted by FC2 system