シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ Arpeggione Sonata イ短調 D.821 第2楽章 Adagio

チェロ: ミクローシュ・ペレーニ Miklos Perenyi
ピアノ: アンドラーシュ・シフ Andras Schiff

このソナタは、アルペジョーネのための作品の中では唯一広く知られている作品である。本作は、弦楽四重奏曲「死と乙女」と同時期の作品であり、当時シューベルトは梅毒の進亢に苛まれ、度々の抑鬱症の発作に見舞われてもいた。

本作はアルペジョーネが発明された翌年に作曲された。おそらくは、アルペジョーネの演奏に通じていた知人ヴィンチェンツ・シュースターから、委嘱を受けてのことと考えられている。作品がシューベルトの死後1871年に出版されるまでに、アルペジョーネじたいが愛好されなくなり姿を消していた。こんにちこの作品はもっぱらチェロ・ソナタないしはヴィオラ・ソナタに編曲して演奏されている。また時折りコントラバスやギターがアルペジョーネの代役を果たすこともある。

次の3つの楽章から成る。演奏時間は30分弱。
第1楽章:Allegro moderato
第2楽章:Adagio
第3楽章:Allegretto

Wikipedia

inserted by FC2 system