シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ Arpeggione Sonata イ短調 D.821 第1楽章-1

チェロ: ミクローシュ・ペレーニ Miklos Perenyi
ピアノ: アンドラーシュ・シフ Andras Schiff

第1楽章-1 第1楽章-2 第2楽章 第3楽章

 

アルペジョーネとピアノのためのソナタ イ短調 D.821は、フランツ・シューベルトが1824年11月にウィーンで作曲した室内楽曲。このソナタは、アルペジョーネのための作品では、こんにち現存する唯一の作品である。
《アルペジョーネ・ソナタ》は、《弦楽四重奏曲「死と乙女」》と同時期の作品であり、当時シューベルトは梅毒の進亢に苛まれ、度々の抑鬱症の発作に見舞われてもいた。おそらくそのためか、楽曲は全般的に暗澹たる表情に支配されている。

次の3つの楽章から成る。演奏時間は30分弱。
1.Allegro moderato
2.Adagio
3.Allegretto

アルペジョーネソナタ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

inserted by FC2 system