パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第2番 第3楽章 ラ・カンパネラ

ヴァイオリン:サルヴァトーレ・アッカルド Salvatore Accardo

ラ・カンパネッラ (la Campanella) は、ニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調Op.7、第3楽章のロンド『ラ・カンパネッラ』を主題にフランツ・リストがピアノ用に編曲し作り上げた曲である。最終稿の『パガニーニによる大練習曲第3番』は、数多くあるリストの曲の中で最も有名。今も多くのピアニストに愛されている名曲である。Campanellaとはイタリア語で「鐘」を意味している。

ラ・カンパネラ

inserted by FC2 system