オッフェンバック:オペラ「ホフマン物語」より ホフマンの舟歌

ソプラノ:アンナ・ネトレプコ Anna Netrebko
メゾソプラノ:エリーナ・ガランチャ Elina Garanca

『ホフマン物語』(Les Contes d'Hoffmann)は、フランスの作曲家ジャック・オッフェンバックの4幕の正式なオペラ(オリジナルは5幕7場)。ドイツ・ロマン派の詩人E.T.A.ホフマンの小説から3つの物語を用いて脚色したジュール・バルビエとミシェル・カレの同名の戯曲に基づいて、ジュール・バルビエ(Jules Barbier)が台本を書いた。1881年2月10日にパリのオペラ=コミック座で初演。
主人公ホフマンが、歌う人形のオランピア、瀕死の歌姫アントーニア、ヴェネツィアの娼婦ジュリエッタと次々に恋に落ちるが何れも破綻するという内容。未完のまま作曲家が死去したこともあって数多くの版があり、謎の多い作品とされている。通常一回休憩を取る第4幕で演奏されることが多い、ジュリエッタとの恋の場面で歌われる「ホフマンの舟歌」が有名。近年その「原典版」なるものが発見されてケント・ナガノ指揮でザルツブルク音楽祭で初演されている。

オッフェンバック:ホフマン物語

inserted by FC2 system