メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 作品64 第1楽章-1

ヴァイオリン演奏:ジャニーヌ・ヤンセン Janine Jansen
BBC Orchestra 2005

|第1楽章|第1-2楽章第2-3楽章第3楽章

 

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64(Violinkonzert e-moll op.64)は、1844年に作曲されたヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲。穏やかな情緒とバランスのとれた形式、そして何より美しい旋律で、メンデルスゾーンのみならずドイツ・ロマン派音楽を代表する名作であり、本作品は、ベートーヴェンの作品61、ブラームスの作品77と並んで『3大ヴァイオリン協奏曲』と称される名曲である。

第1楽章 アレグロ・モルト・アパッシオナート ホ短調
ソナタ形式。弦楽器の分散和音に載って独奏ヴァイオリンが奏でる流麗優美な第1主題は、大変有名な旋律で、商業放送などで親しまれている。

ヴァイオリン協奏曲 (メンデルスゾーン)

inserted by FC2 system