メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 作品64

指揮:フィリップ・ヘレヴェッヘ Philippe Herreweghe
オランダ放送室内フィルハーモニー Radio Kamer Filharmonie
ヴァイオリン演奏:アリーナ・イブラギモヴァ Alina Ibragimova
11 december 2011, Grote Zaal van het Concertgebouw Amsterdam

 

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64(Violinkonzert e-moll op.64)は、1844年に作曲されたヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲。穏やかな情緒とバランスのとれた形式、そして何より美しい旋律で、メンデルスゾーンのみならずドイツ・ロマン派音楽を代表する名作であり、本作品は、ベートーヴェンの作品61、ブラームスの作品77と並んで『3大ヴァイオリン協奏曲』と称される名曲である。

第1楽章 アレグロ・モルト・アパッシオナート ホ短調
第1楽章第1主題ソナタ形式。弦楽器の分散和音に載って独奏ヴァイオリンが奏でる流麗優美な第1主題は、大変有名な旋律で、商業放送などで親しまれている。旋律に続いて独奏ヴァイオリンが技巧的なパッセージを奏で、オーケストラが第1主題を確保する。続いて力強い経過主題が表れ、独奏ヴァイオリンが技巧を誇示する。第2主題は木管楽器群で穏やかに提示される。これを独奏ヴァイオリンが引き継ぎ、その後展開部となる。展開部の終わりにカデンツァが置かれていることもこの作品の特徴であり、その音符が全て書き込まれているのも、この時代としては画期的なことであった。しかもアルペッジョが多用され、パガニーニの24の奇想曲第1番に強く類似していて華々しい。カデンツァの後で再現部となり、最後に長いコーダが置かれている。ここで独奏ヴァイオリンが華やかな技巧的な音楽を繰り広げ、最後は情熱的なフラジオレットで高潮して終わる。

第2楽章 アンダンテ ハ長調
第2楽章主題三部形式。第1楽章からファゴットが持続音を吹いて第2楽章へと導く。主部主題は独奏ヴァイオリンが提示する優美な主題。中間部はやや重々しい主題をオーケストラが奏で、これを独奏ヴァイオリンが引き継ぐ。その後はしばらく重音が続き、第二楽章の主部に戻る。

第3楽章 アレグレット・ノン・トロッポ ? アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ ホ短調→ホ長調
第3楽章主部第1主題ソナタ形式。楽章の始めに第2楽章の中間部の主題に基づく序奏が置かれている。主部に入るとホ長調に転じて管楽器とティンパニが静寂を破り独奏ヴァイオリンが第1主題の断片となる軽快な動機を繰り返すが、5度目に第1主題として演奏を始める。技巧的な経過句を軽やかに抜け力強い第2主題へ至る。初めオーケストラにより提示された第2主題はオーケストラがそれを変形する上で独奏ヴァイオリンによって確保される。展開部では独奏ヴァイオリンによる第1主題の後、新たな荘重な主題が提示される。展開部はこの二つの主題を軸に音楽が進んでゆく。再現部はホ長調による型通りのもの。最後に華々しいコーダが置かれ全曲の幕を閉じる。

inserted by FC2 system