メンデルスゾーン:歌曲「歌の翼に」"Auf Flügeln des Gesanges" 

ソプラノ: エリーザベト・シュヴァルツコップ Elisabeth Schwarzkopf 1956
ピアノ:ジェラルド・ムーア Gerald Moore

「歌の翼に」(独: Auf Flugeln des Gesanges)は、ハインリヒ・ハイネが1827年に発表した『歌の本』(Buch der Lieder)にある詩である 。フェリックス・メンデルスゾーンが作曲した歌曲(『6つの歌』作品34の2曲目)で、世界的にもよく知られている。
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、ペーター・シュライアー、バーバラ・ボニー、ナタリー・シュトゥッツマン等、録音も数多い。 日本では門馬直衛と津川主一がそれぞれ訳詞したものが、比較的よく歌われている。

Auf Flugeln des Gesanges,
Herzliebchen, trag' ich dich fort,
Fort nach den Fluren des Ganges,
Dort weis ich den schonsten Ort.

Dort liegt ein rotbluhender Garten
Im stillen Mondenschein;
Die Lotosblumen erwarten
Ihr trautes Schwesterlein.

Die Veilchen kichern und kosen,
Und schaun nach den Sternen empor;
Heimlich erzahlen die Rosen
Sich duftende Marchen ins Ohr.

Es hupfen herbei und lauschen
Die frommen, klugen Gazell'n;
Und in der Ferne rauschen
Des heiligen Stromes Well'n.

Dort wollen wir niedersinken
Unter dem Palmenbaum,
Und Liebe und Ruhe trinken,
Und traumen seligen Traum.
歌の翼で
愛しい人よ、私はきみを運ぶ。
ガンジス川の流れのかなたへ
そこは美しいところと私は知っている。

そこに赤い花咲く園があり、
静かな月の光のもとで、
スイレンの花が待つ、
きみを愛する妹として。

スミレは微笑んで、仲良くし、
星を見上げている。
バラはお互いに匂い、
密かに妖精の話をする。

無邪気で利口な小鹿は、
寄ってきて、聞こうとする。
遠いところでは、聞こえている、
聖なる流れの波の音が。 

そこに座ろうよ、
しゅろの木の下に。
そして愛と安らぎにひたって、
楽しい夢を見るよ。 

メンデルスゾーン:歌曲「 歌の翼に 」

inserted by FC2 system