リスト:ハンガリー狂詩曲 第2番 Orchestra Version

フランツ・リスト室内弦楽団 Franz Liszt Chamber String-orchestra
 

 

ハンガリー狂詩曲 (S/G244, R106)(Rhapsodies hongroises, Hungarian Rhapsodies, Ungarische Rhapsodien, Magyar rapszodiak)はフランツ・リストがピアノ独奏のために書いた作品集である。
最初の15曲は1853年に出版され、最後の4曲は1882年から1885年までに追加された。このうち第14番、第12番、第6番、第2番、第5番、第9番はリストがフランツ・ドップラーとともにオーケストラ用に編曲し、この順に番号が付された。また第14番を元に、ピアノとオーケストラのための『ハンガリー幻想曲』が編曲された。この曲集の中で第2番(管弦楽用の第4番)は卓越した知名度を誇っている。

ハンガリー狂詩曲第2番 ニ短調 管弦楽版
原曲は嬰ハ短調で始まるが管弦楽版はより演奏が容易なニ短調に直されている。管弦楽版の「第4番」にあたるが、実際のCDやスコアでは、混乱を避けるためにピアノの原曲通り「第2番」と表記されることが多い。なお、管弦楽法に問題があるとしてヘルベルト・フォン・カラヤンがカール・ミュラー=べルクハウス(Karl Muller-Berghaus)版(ハ短調に移調されている)を録音しているように、他の管弦楽編曲も演奏される。

ハンガリー狂詩曲 第2番 (リスト)

inserted by FC2 system