ショパン:ワルツ 第7番 嬰ハ短調 作品64-2

ピアノ:マレク・ドレヴノフスキ Marek Drewnowski(ポーランドのショパンを弾くピアニスト)

  

ワルツ第7番嬰ハ短調作品64-2は、フレデリック・ショパンが作曲したピアノ独奏のためのワルツで、生前に出版された最後の作品の一つである。主題にマズルカが採用されるなど、ショパンの作曲技術の集大成といえる。
ショパンのワルツは実際の舞踊と離れ、演奏のみが目的であり、シューマンに「もしワルツに合わせて踊るのであればその相手は貴婦人でなければならない」と評されている。本作もこの傾向に沿っており、『華麗なる大円舞曲』や『華麗なる円舞曲』とは対照を成している。

ワルツ第7番 (ショパン)

inserted by FC2 system